研修医向けにも様々な行政支援

千葉県では医師不足解消の一環として、研修医向けにも様々な行政支援を行っています。

研修医や大学院生を対象とした「自治体病院医師確保研修資金等貸付制度」をはじめ、技能研修セミナーの積極的な開催等若手医師の育成にも力をいれています。

自治体病院医師確保研修資金等貸付制度とは、優秀な研修医に自治体の病院で働いてもらいたい、地域医療を充実させたいという思いから策定された研修医向けの資金等貸付制度です。

月額20万円支給されるため、研修医の力強いサポートになります。


将来を担っていく若者にも目を向けた斬新な支援

あくまで貸与なので返済義務はあるのですが、研修終了後に知事の指定する自治体病院にて医師業務に従事する事により返還が免除されます。

募集人数に限りはありますが、実質一人当たり240万円の支給ということで、千葉県が若手医師の確保に真剣に取り組んでいる姿勢がよくわかると思います。

他にも千葉県の手で若手医師を育てようという思いから設立された「千葉医師研修支援ネットワーク」も千葉県の掲げる研修医向けの行政政策の一つです。

これは簡潔に言うと県内の医療機関や大学病院がそれぞれ連携して研修医をサポートして育成していこう!という試みです。

このように転職を考えている医師だけでなく、将来を担っていく若者にも目を向けた斬新な支援を積極的に行っています。